忍者ブログ

BMW E60/E61 DIY資料館 (F12/F13/F06/F10/F11)

BMW E60/E61 に関するDIY資料館です。 たまにブログもアップする予定です♪ ~ Fシリーズ続編 ~ F10/F11 F06/F12/F13 関連も?

BMW Apple CarPlay レトロフィット F06 F12 F13 F10 F11




NBT ID5/ID6  BMW Apple CarPlay をアクティベートしました。
ベンチでかなりゴニョゴニョして大変な目にあいましたが…笑



詳しくは みんカラ にて。
 
 
  
 
 
あ、、、それ以前にNBT EVO ID5/ID6 のレトロフィットも行なっていましたので、
 コチラ も ご覧下さい~(笑)
 


さて、CarPlay は 以前の記事 で書いたとおり、それほど必要性はありませんでしたが
巷で噂になっている時期IOS12でサードパーティのAPPSが追加される事もあり
CarPlayの存在価値が上がって来た様に思えます。

これからさらに色々なアプリが追加されれば良いですね~♪

さて、BMWのCarPlayの特徴は、何と言ってもワイヤレス接続

車に乗り込むと、自動で接続(Wi-Fi)が完了されて、ポケットやカバンに入れたままで
CarPlayの使用が出来る事ですね。
ワイヤレス接続は、BMWが世界で一番に導入した技術らしいです…
 
 
 
それでは一体どのように接続されているんだろう…ってふと思いました。
技術資料を見ると、プロセスは以下の通り

①iPhoneは通信設定を確立するためにBluetoothを使用して、
接続を要求するヘッドユニット(NBT/EVO)に信号を送信します。


②Bluetooth接続が確立されると、iPhoneはワイヤレス認証情報を
Wi-Fiアクセスポイントに要求します。


③ヘッドユニット(NBT/EVO)はiPhoneにワイヤレス認証情報を送信します。
その後、iPhoneはWi-Fiアクセスポイントを自動検索して接続します。


④Wi-Fi接続が確立されると、Bluetooth接続が切断され、
すべてのオーディオやビデオ情報がWi-Fi経由で転送されます。



画像はCarPlay接続中のiPhone画面



ん~凄い接続プロセスですね♪ 

え?ビデオ情報も? という事は…

iPhoneをカスタマイズすればどんな情報もWi-Fiで転送可能なんですね。

色々調べていたら、NGXPLAY と言うアプリがヒットしました。

これをiPhoneにインストールすれば、どんなアプリでもCarPlayに映し出す事が出来ます。

すごいですね~! 感極まりないです。

早速インストールして使用してみました。 楽しそうな画面でしょ?笑
 
 
 

試しに色々と遊んでみました♪



拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
マー ロン
性別:
男性
趣味:
DIY/ドライブ
自己紹介:
車両情報
2004年式 525i ベーシック前期モデル
2013年式 640i グランクーペ コンフォートP

電子制御の武装を身に纏い
リニューアルされた5シリーズ

コーディングという武器を得て(大袈裟 笑
その武装に立ち向かうと
無限にDIYの可能性が出てきます。

運転しても楽しい、DIYしても楽しい
そんなE60ライフを楽しみたいと思います。

基本、DIYに関する資料がメインです。

作業工程はみんカラでUPしています。

2017年末期~ Fシリーズ(F06)も増車しました。

P R



ジオターゲティング

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

QLOOKアクセス解析